独身男性をだます恐ろしい悪魔、結婚詐欺師。

結婚詐欺を仕掛けてくる女性は必ずしも美人だとは限りません。

「まさか、自分は」と思っていても、引っかかってしまう結婚詐欺ではありますが、「あの時、しっかりと気をつけておけば」と後悔しないように手口や特徴だけでもおさえておきましょう。

結婚詐欺の手口とは

結婚詐欺の手口➀ 婚活市場

婚活市場と聞いて、まず思いつくのは「結婚相談所」ではないでしょうか?

しかし、最近の「結婚相談所」は身元確認をしっかりとるため、被害率は高くありません

では、詐欺師たちが頻繁に出没しているのはどこなのでしょう。

最も被害が多いのは、「~限定」や「年収~万円以上」といった限定のある「婚活パーティー」や「出会い系のイベント」です。

また、こういった出会いの場はきちんと身分確認を行うことはありません。

そのため、結婚詐欺を生業としている詐欺師達は、簡単に「高収入」の人や「貯金が多くある人」に出会うことが可能となるのです。

結婚詐欺の手口➁ 結婚したい感を匂わしてくる

詐欺師たちは、巧みに相手の懐に入り込み、理想の女性を演じようとしてきます。

あからさまに言ってくるのではなく、「あなたと最後まで一緒にいたい」という意思表示をしてくるのです。

自分の理想を演じた女性が、ずっと一緒にいたいと意思表示してくるのですから恋愛経験の少ない男性はコロッと騙されてしまうのです。

結婚詐欺の手口③ お金を引き出す

短期間で急速に信頼関係を深めていき、信用されていると感じた時点で、お金の回収を始めます

お金を出させる口実は、「両親の医療費が」「事故にあった」「詐欺にあった」など様々です。

また、こういった男性の庇護欲求に訴えるだけではなく、「2人の将来のために」と言ったりなど今までの会話の中での内容も絡めながら巧みに騙そうとしてきます。

また、信用を勝ち取るために第三者を巻き込むケースも少なくありません。

相手の両親らしき人が出てきて、さらに信用を得ようとしてきます。

結婚詐欺師とは、個人ではなく、集団なのです

結婚詐欺の手口➃ 突然いなくなる

巧みにお金を回収した後は、結婚詐欺師はいきなり姿を消します

結婚詐欺師は詐欺を繰り返すことが多く、一仕事終えると、また違う狩場へと獲物を狙いにいくのです。

結婚詐欺にあっていると感じた時の相談先まとめ

結婚詐欺にあっていると感じたときに相談できる場所を紹介します。

ただし、すぐに相談するよりも、日常の生活の中で証拠を残していくことを意識しましょう。

探偵事務所

相手が姿をくらませた際に頼りになります。

しかし、詐欺師の多くは証拠を消していくことが多いため、ヒントが少ない中、見つけ出すのは困難といってもいいでしょう。

また、費用面でも約100万円ほどかかりますから、頼る際は注意が必要です。

警察

証拠不十分の場合は、取り合ってくれないことが多いですが、十分な証拠があったり、同様の手口が頻発していると、動いてくれる可能性が高くなります。

弁護士

犯人が見つかり、訴えたいと思ったときに頼りになる存在です。

詐欺を立証するには様々なハードルがあり、素人がこれを行うのは困難です。

ただし、相手に返済能力がないとお金は戻ってきません。

弁護士を雇うのにも費用がかかりますから、訴える際には費用面との相談が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

心の隙間を巧みにねらってくるのが結婚詐欺です。

「自分は大丈夫」とは思わずに、少しでも用心する気持ちを持っておきましょう。

おすすめの記事