彼女いない歴=年齢。

よく聞く言葉ですが、先日近所の小学生の会話の中に、「俺の彼女もドラゴンボール好きだよ」というフレーズが出てきました。

そうです。小学生が彼女を作る時代が到来したのです。

社会人になっても彼女ができない皆さん。

彼女いない歴=年齢、という言葉はもはや笑えなくなってきましたよ。

本気で彼女が欲しいと思うのであれば、彼女ができない原因を突き止めて、幸せな生活を手に入れましょう。

大丈夫です。まだまだ間に合います。

こんな人にオススメ

・本気で彼女が欲しい。

・なぜ彼女ができないのか理由がわからない。

・年齢を考えたら彼女がいない自分に焦り始めた。

・自分には一生彼女ができないんじゃないかと不安。

・彼女がいない自分に劣等感を感じ始めた。

彼女ができない人の特徴

独身男性
彼女

彼女が出来ないのは確実に自分のせいです。それは逃げられない事実。

彼女の作り方を知る前に、まず自分を知ることから始めましょう。

大枠として最初に、彼女ができない人の特徴とアドバイス3つを紹介します。

1、行動力がない

独り身
恋愛

例えば、婚活パーティに行くにしても、合コンに行くにしても、彼女を作ることにおいて、行動力は必須条件です。

「わかってるんだけどなあ」とか、「可能性感じなかったんだよなあ」とか、「それ良く言うけどどうなのかなあ」とか、口だけで行動に移さないのは理解できてないのと同じです。

彼女ができる、つまり出会いの可能性がある方法はいくらでも記事に書いてあります。

しかし、実際にできるかどうかは行ってみないとわかりません。

また、「一度行ったことあるけど可能性が見出せない」と言う人もたくさんいますが、1度や2度で彼女ができれば苦労しません。

何度も足を運んで、何がダメだったのか、どうすれば良いのかを肌感覚で行わないと進歩しません。

2、諦めている

独身男性
子供欲しい

俺にはどうせ、、、的な人です。

諦めたらそこで試合なんちゃら、なんて言葉がありますが、まさにその通りです。

土日に人が多いデパートや街に行って見てください。

顔が残念でも体型が残念でもカップルはたくさんいます。

全ての人に可能性があるのが恋愛です。

自分の可能性を捨てるようでは彼女は一生できません。

3、ネガティブ

ネガティブ
彼女できない

ネガティブ思考の人は恋愛に億劫になりやすいです。

ただ、普段ネガティブだから自分ダメかな、とは思わなくても大丈夫です。

仕事においてのネガティブ思考が恋愛においても同じかと言うとそうではありません。

極度のネガティブでなければ問題ないと思います。

例えば、「好きな人ができたけど、俺なんかが好きになったらかわいそう。」みたいな、恋愛する以前の段階でネガティブ発動だったら本当に厳しいです。

ポジティブに捉えることができるのが何よりですが、ポジティブ思考を常に持っていられる人間はごく少数です。

ネガティブになりすぎないようにしょう。

彼女ができない原因と改善策

純愛
諦め

彼女ができない原因について考えて見ましょう。

当然、女性の好みや決め手は十人十色なので、全てを網羅しておく必要はありません。

一つでも多く持っている、もしくは改善できるのであれば、あとは行動するだけです。

ちなみに、アドバイスも一緒にご紹介しているので、もし自分に当てはまる項目があれば改善する努力をしましょう。

1、トーク力がない

話術
会話の仕方

彼女と過ごす時間は非常に長いです。

月日が経ち、慣れてくれば日常会話だけでも成立しますが、最初の頃は沈黙が続くとソワソワするものです。

例えば、ディズニーランドに開演から閉園までいたとします。

ご存知の通り、ディズニーはアトラクションの待ち時間が非常に長いです。

平気で1時間は超えてきます。

その1時間以上をいかに沈黙を減らして過ごせるか。女性を楽しませるか。

そこで必要になるのがトーク力です。

今まさに目に見えたものでも、最近あったエピソードでもなんでも構いません。

約半日を沈黙なしで充実させるにはトークの力量が必要になります。

逆に、トーク力を身につければ、自分の口一つでどんな女性も楽しませることができるのです。

アドバイス

トーク力はなかなか独学でつくものではありません。

例えば、すべらない話や漫才など、

人を楽しませるフレーズや間をプロの人から盗むのです。

それを自分のエピソードに落とし込んで友達で試してみる。

何度か繰り返していると、自然と口が動くようになります。

2、傾聴力がない

話し方
40代

喋り上手は聞き上手です。

相手のことを考えずにただ闇雲に喋っていても女性は充実感を感じることはできません。

喋る力と同時に聞く力も身につけましょう。

聞く力といっても、ボーーっと聞いてても意味ありません。

上手い相槌や返答をすることで、相手に楽しく話をさせる環境を作るのです。

どんなに興味のない話題でも興味を持って話を聞かないといけないので、トーク力を身につけるよりは楽しくないかもしれません。

アドバイス

単純ですが、聞く力をつけるには人の話をたくさん聞くことが最短です。

どのタイミングで相槌を打てばいいか、どんな顔をすればいいか、

この辺に関しては場数がモノを言います。

女性の話を興味津々で聞く。

でも自分が気疲れしない程度にすることも大切です。

友達に協力してもらって傾聴力を身につけましょう。

3、趣味がない

趣味
独身

趣味は自分と女性をつなぐ、いわば糸になります。

同じ趣味を持っていれば話が盛り上がるし、趣味が違ったとしてもトークのネタになります。

そして、この趣味という糸が太ければ太いほど、可能性が広がります。

フットサル、競馬、ゲーム、釣り、読書、車、時計、、、

どんな趣味であっても問題ないです。

大事なのは、自分の趣味にしっかりと熱を持つこと。

本気で好きじゃないと熱量持って話すことはできません。

また、糸を太くすることも難しいです。

しっかりと熱量が持てる趣味を見つけましょう。

アドバイス

最近では、ビットコインや海外旅行、SNSなど、

今っぽくて手の出しやすい趣味が増えてきています。

ネットでも検索すれば膨大の数の趣味を探すことができます。

また、暴飲暴食なんかも趣味になるみたいです。

自分が興味を持てそうな趣味を見つけて、

1つでも多くの趣味を手に入れましょう。

4、理想が高い

独身男性
英語

恋愛をしてこなかった人にありがちです。

新垣結衣さんや北川景子さん、上戸彩さんみたいに、小さい頃から人類トップクラスの女性を理想としてきた人は、なかなか彼女を作ることが出来ません。

いろんな女性と接してみて、居心地がいいな、自分のタイプだなと思う人を探すべきです。

恋愛をしてこなかった人は食わず嫌いで、意外と自分と合う人は沢山います。

アドバイス

とにかくたくさんの女性と話をしましょう。

友達でも同僚でも先輩でも構いません。

自分はどんな人と相性がいいのかを時間をかけて見極めましょう。

5、不潔

独身の貯金
お金

女性は不潔を嫌います。

特に嫌がられるのはタバコの臭いです。

タバコを吸うなとは言いませんが、ブレスケアを噛むなど、口の中の清潔は常に保っておいてください。

また、髪型はもちろんヒゲや眉毛なども注意です。

生やすなら整えることを意識しましょう。

男性は清潔感を取り戻すだけでガラッと印象がかわります。

アドバイス

髪型、ヒゲ、眉毛は清潔感を意識する。

喫煙者の方はブレスケアやミンティアを常に持ち歩いておくようにしましょう。

6、人見知り

年収
老後

コミュニケーション能力につながるのですが、質問されても下を向いてモゴモゴ喋ったり、目を合わせなかったり、声が小さかったり、極度の人見知りを感じたら女性は引いてしまいます。

ただ、人の性格はそんな簡単に変えることはできません。

人見知りを治すのではなく、人見知りを隠せるように努力しましょう。

アドバイス

人見知りを隠す方法を2つ紹介します。

一つは口調を変えるということです。

話し方をプライベートモードではなく、仕事モードに変えます。

もう一つは笑顔を続けることです。

対面しているとき、常にニコニコしていれば向こうから話しかけてくれます。

7、几帳面すぎる

家
結婚

神経質すぎる人ですね。

彼女ができるということは、今までの生活から1人の時間が減るということです。

リモコンの位置や服のたたみ方など、自分の中でルールとなっていることもいくつかあると思います。

彼女ができると、このルールが破られる不安があります。

ルールを共有できれば良いのですが、なかなかむずかしいです。

なるべく寛大な心を持つようにしましょう。

アドバイス

0か100かという考えをやめましょう。

几帳面の方に多いですが、極論づけてしまう人がたくさんいます。

自分だけでなく、他の正解についても考えられるようにしましょう。

8、友達で終わる

離婚
復縁

友達作りが上手な人に多いのですが、みんな友達止まりで終わるケースです。

これは、意識的であれ、無意識的であれ、女性を色目で見ないことが原因です。

恋愛に発展しそうな言葉のジャブを打ち続けることが大切です。

友達で終わるケースの人は、無意識に男の色気を出していないのです。

この人は安全だ、と相手に思わせてしまっているのです。

少しくらい意識させても大丈夫です。

意識させるような言動や行動を積極的に取りましょう。

アドバイス

恋愛で意識させる言動行動を学ぶには、

恋愛を題材にしたコンテンツを見るのが一番早いです。

ドラマでも映画でも構いません。

最近ではテラスハウスやバチュラーなど、リアルの恋愛を見ることができます。

こういったコンテンツを楽しく見ながら勉強しましょう。

9、ファッションセンスがない

既婚女性
食費

化粧を覚えたあたりから女性はオシャレに敏感です。

女性は最低限のマナーとしてのオシャレを全員が知っているのです。

一方の男性は、化粧という文化が根付いていないので、最低限のマナーを知らない人がたくさんいるのです。

これは、着ている服にも影響しています。

手軽価格で買えて、流行りを取り入れたファッションブランドは女性服の方が圧倒的に多いです。

女性服の方が割引率が高いのも、競合が多く、人気ブランドがたくさんある証拠です。

ファッションセンスがなくとも、最低限のオシャレをするのはマナーです。

街を歩いている人や本を見て勉強して行きましょう。

アドバイス

WEARやインスタグラムで、オシャレな人のファッションを勉強しましょう。

服は古着屋やメルカリなど、中古でものすごく安く手に入れることができます。

自分でもマナーがないと感じているのであれば、

いますぐに取り掛かりましょう。

出会いの場所

休日
年収

出会いがないことには彼女を作ることはできません。

最近では出会いの場は増えてきており、よりポップに出会えるようになってきています。

それに伴い、危険の排除も並行して進んでいます。

彼女を作る第一歩である出会いの場所を5つ紹介します。

本気で彼女が欲しい人は是非参考にして行動に移しましょう。

1、マッチングアプリ

ポエム
心理テスト

一番オススメです。マッチングアプリといってもその数は100を超えるそうです。

その中でも、Omiaiやタップルなどの有名なところでは会員者数300万人を超えます。

アプリによって使用者の年齢層や特性が異なり、彼女が欲しい人にとっては非常に有効的です。

恋愛に対する比重調整、出会える確率、彼女ができる可能性、実生活への影響力、どれをとっても申し分ないです。

彼女が欲しいと思う人は必ず登録するべきです。

2、合コン

診断
神社

数年前では出会いの場として主流だった合コンは今でもたくさん行われています。

ただ最近では、見知らぬ男女グループをつなぐ合コン斡旋会社があったり、合コンツアーなる旅行があったり、持ち帰りの手口がより巧妙になっていたりと、合コン自体がかなり進化しています。

こうした動きに対して、女性側は合コンをかなり軽い恋愛と捉えてしまい、しっかりした人がなかなか来てくれないことが多いそうです。

また、出たとこ勝負といったリスクも兼ね備えています。

何度も足を運んで探すという覚悟が必要です。

3、婚活パーティ

恋愛
歌

婚活パーティは芸能人も参加するほど盛り上がっています。

最近では、サポート体制はもちろん、パーティの種類も様々なので、自分にあったパーティを簡単に探すことができるようになっています。

こちらも出たとこ勝負感は否めませんが、カップルの成立率は高いです。

婚活パーティは平日も開催しています。

こちらも何度も参加して探すという覚悟がないと厳しいです。

4、習い事

アニメ
占い

スポーツジムやゴルフ教室、パソコン教室など、習い事で出会いを探す方法もあります。

自分の興味を持ったことを女性も興味を持っているということなので、話のタネが尽きる心配もありません。

ただ、出会える可能性が非常に少ないので、出会いありきで考えていると厳しいです。

あわよくば、くらいに考えておくべきでしょう。

逆に、社会人の習い事の講師側になっても面白いと思いますが。

5、オンラインゲーム

占い
オススメ
彼女

オンラインゲームは数年前から流行っています。

それに伴い、女性のゲーマーも増えています。

例えば、荒野行動というゲームでも荒野女子というワードができるほどです。

そして、オンラインゲームでは相手とチャットすることだけでなく話すこともできます。

これを利用して、オフ会などを開いて実際に出会っている人もたくさんいます。

ゲームという趣味も共通しているため、より自分に合う女性を見つけることができるかもしれません。

まとめ

ライン
ツイッター
恋愛

独身男性の皆さん。

彼女を作りましょう。

色々いってきましたが、私がお伝えしたいのは、

「彼女を作って自分の知らない世界に触れて見ましょう!」

ということです。

夏祭りや誕生日、クリスマス、バレンタインなど、彼女ができたら今までの数十倍も楽しいイベントが待っています。

自分の経験したことのない人生を送っている人を妬むのではなく、自分もその仲間入りを目指して頑張りましょう。

おすすめの記事