この記事を書いている時点で平成も残り3ヶ月を切り、毎日のように「平成を振り返る」テレビ番組が流れている今、元号の変わり目にしか起こらない興味深い現象が起こっていることが判明しました・・・!

その名も「平成駆け込み婚」

残り3ヶ月となって、平成のうちに結婚しておきたい!というカップルが増えているみたいなんです。

どれくらいの人が「平成駆け込み婚」を考えているのかも含め、平成終わりの婚活事情を調べてみました!

平成駆け込み婚って?

平成駆け込み婚は文字通り、平成が終わる前に入籍をするカップルが増えることを指しています。

昭和から平成の変わり目は、天皇崩御による自粛ムードが漂っており、このような現象は起きづらかったと考えられますが、今回の改元は天皇陛下もご存命のまま行われるので日本中が祝賀ムードに包まれることが予想されます。

実際何年も付き合っていて気持ち的にはいつ結婚してもいいなと思っていたとしてもなかなかプロポーズをするきっかけを作れずズルズルと・・・となっているカップルもいるのではないでしょうか?

このような祝賀ムードの中、平成で出会い、平成を共に過ごしてきたカップルが新元号のもとで、新生活を歩んでいくというのも自然な現象かもしれませんね。

モデルケース〜ミレニアム婚〜

実際「平成駆け込み婚」のような婚姻数の増加が起こった例として、西暦2000年代に突入した2000年前後の「ミレニアム婚」があげられます。

以下のグラフを見てください。

ミレニアム駆け込み婚

2000年あたりの婚姻数が伸びていることがわかりますよね?

これが俗にいう「ミレニアム婚」。

どうやら新しい時代の始まりとともに、自分たちの新生活を始めよう!という気持ちが少なからずあるようですね!

平成の婚活事情とは?

さて、実際に平成最後のこの年、婚活事情の方はどうなっているのでしょうか?

婚活事業を展開する株式会社IBJが、20歳~49歳の独身男女約1,500人に対して行った「今ドキの婚活事情」に関する意識調査によれば異性との出会いランキングは以下のようになっており

異性との出会い方

SNSが隆盛する現代ならではの、マッチングアプリを通じた出会いがランキング4位にランクインしていますね。

さらに、SNSを介した異性との出会いに対する意識としては、

SNSの恋愛に対する意見調査

男女ともに9割前後の人が、アリと答える結果に。

実際どれくらいの人が、SNSの婚活サービスを通じて、恋人を見つけているのかに関しては

婚活サービスと恋愛

約30~40%の人、つまり約三人に一人が婚活サービスを通じて恋人を作ったことがあると答える結果となりました。

20代男性の筆者の交友関係を見ても、この数字は頷ける妥当な数字だと思います。

平成の婚活事情の特徴としては、SNSやwebサービスを利用した婚活の活発化があげられそうですね。

平成駆け込み婚への意識は?

さて、こちらの調査では、調査対象者のうち今すぐにでも結婚したいと答えた558名の男女に「平成駆け込み婚」に期待しますか?との質問をしています。

その結果がこちら。

平成駆け込み婚への意識調査

結婚を考えている人の実に4割の人が、「平成駆け込み婚」への期待を抱いているという結果に。

改元と新元号の到来が、結婚を決める大きなファクターになっていることは間違いなさそうですね!

さらに、今年は10月に消費税の増税が予定されています。

ご存知の通り、結婚式を挙げる費用はバカにならないほど大きいものですから、増税前に挙式をしておきたいという現実的なカップルもいることを考えると残り3ヶ月で結婚するカップルが増えるのは確実と言えるのではないでしょうか。

婚活市場の反応は?

「平成駆け込み婚」に対する消費者のニーズが考えられるので、婚活市場も様々なサービスを用意してくれています!

ホテルニューオータニ大阪では、平成の元号が幕を閉じ改元されるにあたり、2019年4月30日までに挙式、披露宴をお申込みいただいたご両家さまに平成の30年間を記念し「30個の特典」を凝縮した期間限定プラン『HEISEI~30~』を販売する、と発表。

さらに The Place of Tokyoでも当2019年5月1日(水)に新たな元号に改元される前に結婚式を行いたい、「平成」のうちに結婚式をしたいというカップルのご要望に対応する充実特典のプランを先着10組限定で販売しています。

まとめ

平成も残り3ヶ月の今、平成駆け込み婚を考える人が多いこと。

実際に、2000年の頃にもミレニアム婚が増えていたこと。

婚活市場としても平成駆け込み婚への対応を行っているということ。

このような平成終わりのイマドキ婚活事情が見えてきましたね。

新元号の祝賀ムードの中、新たな門出を迎える人々が幸せな新生活を送れることを祈りましょう。


おすすめの記事