一人暮らしの方の中には、家に帰ったらペットが待ってくれたらいいのに…と思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では、そんな一人暮らしの方にオススメのペットであるインコとその飼い方について解説します。

一人暮らしでペットを飼う際の注意点

本当に一人暮らしでペットを飼えるのかよく考えましょう

一人暮らしでペットを飼う際にはいくつか注意点があります。

ペットの飼育は、小さな生き物の命を預かるということなんです。

ペットを飼い始める前に、自分が本当にペットを飼えるかどうか、一度じっくり考えてみてください。

ペット禁止の物件が多い

一人暮らしの方の多くは、マンションやアパートに住んでいると思います。

そして、賃貸物件の多くはペット禁止ですよね。

ペットを飼いたい…と考えているあなた!

まずは、住んでいる物件でペットの飼育が許可されているか確認しましょう。

もしペット飼育不可とされていても諦めないで!

物件によっては、犬猫等を禁止しているものの、インコやハムスターなどの小動物に関しては飼育を許可してくれる場合もあります。

インコを飼いたい!と思ったら、管理人さんに一度問い合わせてみましょう。

その際に、外に出さなくて良いこと、臭いがしないことなど、近隣の住人に迷惑がかからないことを強調してみるといいかもしれません。

『バレなければ大丈夫』と思っている方もいるでしょう。

ですが、ペット不可の物件でこっそり飼うのは絶対にやめましょう。

バレたら退去させられたてしまう場合もあります。

長期の旅行に行けない

一人暮らしの人がペットを飼う場合、海外旅行などの長期の旅行に行くことができなくなります。

友達やペットホテルに預けるという手もありますが、長期間預けるとペットにとってストレスになってしまうので、あまり長期の旅行はできないと考えてください。

自分一人でお世話しなくてはならない

一人暮らしの場合、ペットの世話は自分一人で責任持って行わなくてはなりません。

仕事が忙しい時、体調不良の時でもトイレや食事の世話をしてあげる必要があります。

ペットを飼い始める前に、毎日最低限の世話をする時間が取れるかどうかきちんと考えましょう。

ペットの病気や死に向き合うのが辛い

今は考えられないことかもしれませんが、ペットの死はいずれ訪れます。

特に一人暮らしの場合、ペットと1対1の関係を築く人も多く、ペットの死によるショックが大きいと言われています。

ペットを亡くしたショックでペットロス症候群という疾患に陥る人もいます。

一人暮らしの方のペットにはインコがおすすめ!

一人暮らしの方のペットにはインコがおすすめです。

ここからは、一人暮らしの方にインコをおすすめする理由とその飼い方について書いていきたいと思います。

もう何度か書いてきましたが、一人暮らしでペットを飼うなら、インコが断然おすすめです。

その理由を紹介していきます。

飼育にあまり手間がかからない

インコは部屋から一切出さずに飼うことができます。

毎日のお世話は、餌と水の交換、小屋の掃除といった基本的な世話で十分です。

でも、一日一回は放鳥の時間を取ってあげましょう。

インコは飛び回れないとストレスを感じてしまいます。

人に慣れやすい

どれくらいの大きさで飼い始めるかにもよりますが、インコは非常に人に慣れやすいです。

あまりに小さいとご飯のお世話が大変なので、ペットショップ等で個体を選ぶ際には生後1ヶ月くらいを目安にするといいでしょう。

自力でご飯を食べられる大きさのものをお迎えしたい場合は、「コミュニケーションバード」等の記載のされている個体を選ぶのがおすすめです。

寿命が割と長い

インコは小動物の中では割と寿命が長いです。

種類にもよりますが、小型のインコなら大体10年前後は生きることが多いです。

代表的なインコの寿命は、

・セキセイインコ:7~8年

・コザクラインコ:10~15年

・オカメインコ:15~25年

・ヨウム:50年ほど

ちなみにハムスターの寿命が大体1~2年ほどです。

ハムスターと比較すると、インコが寿命の長い生き物であることがわかると思います。

長く一緒に暮らせるという点も、インコのおすすめポイントです。

おしゃべりできる

https://www.instagram.com/p/Bu7btwplqTL/

何と言ってもインコの魅力といえばおしゃべりできることですよね。

注意点としては、おしゃべりできるのはオスだけだということです。

ちなみに、幼鳥の雌雄判定は難しいので、性別を教えてくれるペットショップはあまりありません。

インコとおしゃべりしたい方は、オスであることを祈りながら購入しましょう(笑)

ちなみに筆者はこれまでに3羽のセキセイインコを飼ってきましたが、いずれもメスでした。

メスもおしゃべりこそできませんが、とってもかわいいですよ。

インコを買いに行くときの注意点

ペットショップが安心

ペットショップには、生き物に詳しいスタッフがたくさんいます。

インコを購入する際は、小動物が得意なペットショップに行くのが安心です。

静かにしてくれない、あまりご飯を食べない等、心配事やトラブルを電話や店頭で相談することもできますので、ペットショップで購入するのがおすすめです。

購入する時期

インコを購入するのに適した季節は、成長度合いによって違います。

成鳥であればいつ購入しても大丈夫ですが、ヒナの場合は春や秋などの暖かい季節に購入しましょう。

冬は温度管理が難しいので、春に購入するのがおすすめです。

健康状態のチェック

ペットショップでどの子を飼うか選ぶ際には、見た目がかわいいかどうかも大事ですが、健康状態も重要なチェックポイントです。

健康状態をチェックするのに一番いい指標はエサの食べ具合です。

ヒナであればたくさんエサを食べているか、体重が軽すぎないかを確認しましょう。

また、成鳥の場合は、フンが硬いかどうかが健康状態を見るための一つの指標となります。

これと併せてけがをしていないかどうかなどの確認もしましょう。

インコの飼育に必要なもの

ここからは、インコの飼育に必要なものを紹介していきます。

ケージ

https://www.instagram.com/p/BUvpI9JFKIe/

インコはケージ内で飛ぶこともあるので、大きめのケージを選びましょう。

サイズは、ペットショップで相談するのが一番良いと思います。

ケージ内には最低限、餌入れ、水入れ、止まり木を2本、野菜を差しておく菜差し、おもちゃを入れましょう。

2本の止まり木は、インコが飛び回れるように離して設置します。

餌入れと水入れはケージの下部に設置し、菜差しとおもちゃはフンのかからないケージ上部に設置してあげると良いでしょう。

また、ケージの底がフンで汚れてしまうことを避けるため、ケージの底に新聞紙や専用のマシートを敷いておきましょう。

エサ

初めはインコを購入したペットショップと同じエサを使用するといいでしょう。

個体によってエサの好みが変わるので、様子を見つつ個体にあったエサを選んであげてください。

ヒナの場合は、エサをふやかして卵黄と混ぜたものを専用の器具で与えます。

エサの与え方は、購入したペットショップで合わせて確認すると良いでしょう。

おもちゃ

おもちゃで遊ぶインコ

インコは本当に何でもおもちゃにします。筆者のインコはボールペンが大好きでした。

インコと一緒に遊ぶきっかけにもなりますので、いろいろなおもちゃを用意してあげましょう。

また、ペットショップには可愛いおもちゃがたくさん売っています。

ぜひおもちゃを探しにペットショップにも足を運んでみてください。

ちなみに筆者の飼っていたセキセイインコはインコ型の起き上がり小法師?みたいなおもちゃが大好きでした。

一日のお世話の流れ

ここからは基本的な1日のインコのお世話の流れを説明します。

インコは規則正しい生活を好む生き物なので、毎日時間を決めてお世話をしてあげましょう。

朝、ケージのカバーを外す

インコは朝、飼い主が起きてくるまで静かに待っていることが多いです。

起きたらケージのカバーを外し、「おはよう」と声をかけてインコを起こしてあげましょう。

エサ・水を取り替える

衛生管理のために、エサ・水は毎日取り替えましょう。

餌入れ・水入れは入れ替える際に軽く掃除して清潔を保ってあげてください。

敷き材を取り替える

ケージの底には新聞紙や専用シートを敷いておき、1日に一度取り替えましょう。

新聞紙をケージにぴったりのサイズに切って重ねて入れておくと、めくるだけで簡単に掃除ができます。

放鳥する

インコの健康のために、1日に1度はケージから出して遊んであげましょう。

飼い主がゆっくり時間を取れるときに、1時間程度放鳥の時間を取ります。

日光浴をする

病気を予防するために、毎日2~30分程度日光浴をさせてあげましょう。

可能ならガラス戸を開け、日光が当たる場所にケージを置きます。

また、熱中症になるのを防ぐため、ケージの中に日陰ができるように工夫します。

エサの殻を取り除く

ケージに付属している小さい餌入れの場合、殻が積もってエサを食べられなくなってしまいます。

殻が溜まってきたら取り除いてあげます。

また、殻を取り除くことができないとわかっている場合は、殻が剥かれているタイプのエサを用意してあげると良いでしょう。

日が沈んだら、ケージにカバーをかける

インコは1日の日照時間が長くなると、ホルモンバランスを崩してしまいます。

出来るだけ、野生のインコと同じように、日没に合わせて寝かせてあげるようにしましょう。

まとめ

一人暮らしの方のペットにインコをお勧めする理由とインコの飼い方についてご紹介してきました。

皆さんに少しでもインコの魅力が伝わっていたら嬉しいです。

一人暮らしでインコを飼ってみたいという方は是非参考にしてみてください。

おすすめの記事