日々の生活に疲れて、

家ではゆっくりしたい。

そう考えている人いませんか?

そんなあなたに、

”一人用ソファ”

という選択肢を提案したいと思います。

そんなわけで今回は、一人用ソファの魅力と、その選び方をご紹介していきます。

一人用ソファってどうなの?

一人暮らし必見の一人用ソファの魅力

一人用ソファと聞いて、好印象をすぐに持つという人は少ないかもしれませんね。

ソファと聞けば、普通は複数人で座れる横長のフカフカな椅子を思い浮かべます。

しかし、一人用ソファには”一人用ソファだけの魅力”があります

実際に、フットボールアワーの岩尾さんも50万円の一人がけソファを、自らの誕生日に購入して、愛用しているそうです。

今の例で少し寂しいなと思ってしまった人もいるかもしれませんが、一人用ソファがあれば、QOLが上がること間違いなしですので、その魅力からお伝えしていきたいと思います。

一人用ソファの魅力

読書や映画鑑賞にぴったり

一人暮らし必見の一人用ソファで読書しよう

一人用ソファは読書や映画鑑賞にぴったりです。

なぜなら、両方にアームレストがついているから!

普通のソファだと両腕をアームレストの上におくことはまず不可能です。

しかし、一人がけソファは、文字通り一人の使用者を想定して作られていますので、両方のアームレストを独り占めすることができます。

また、奥行きのあるソファを選べば寝っ転がっているような体勢で読書や映画鑑賞を楽しむことができます。

圧迫感がない

一人暮らし必見の一人用ソファの魅力、圧迫感のなさ

一人用ソファには圧迫感がありません

普通のソファだと、どうしても大きな面積を必要としてしまいます。

しかし一人用ソファは横幅が狭いので、部屋においても圧迫感がありません。

一人暮らしの部屋だと、スペースは大変重要ですので、それを効果的に利用可能な一人用ソファーはぴったりのインテリアと言えそうです。

一人用ソファはオシャレ

一人用ソファは、一般的なソファに比べるとオシャレです。

なぜなら、一人用ソファはサイズそのものが小さく、その形状も自由度が高いものなので、様々な形のものがあります

さらに、一人用ソファは様々な色を選ぶことができます。

一般的なソファはその大きさ故、部屋の印象を大きく左右しますので無難な色を選ばざるをえません。

しかし、一人用ソファなら、部屋のアクセントとして配置することができますので、

無難な色から、少しエッジの効いた色まで、自分のスタイルに合わせた様々な色を選ぶことができます。

一人用ソファの選び方

最後に、一人用ソファの選び方をご紹介したいと思います。

1:形状を選ぶ

一人用ソファには大きく分けて3つの種類があります。

フロアタイプ

一人暮らし必見のフロアタイプの一人用ソファ

一般的に座椅子と聞いてイメージをするのがこのタイプだと思います。

特徴は、座面が床につくということです。

このタイプの一人用ソファは、コンパクトで軽量なものが多く、必要ないときには片付けておくことができます

イスに座るよりも、床に座っている方が楽だなと感じる方にはこのタイプがオススメです。

ソファタイプ

一人暮らし必見のソファタイプ一人用ソファ

こちらはオーソドックスなソファの形です。

足がついていて、両側にアームレストがあります。

また、イス自体も厚みがあるので、座り心地がよく、読書などを楽しむにはぴったりのタイプと言えそうです。

アームレスタイプ

一人暮らし必見のアームレス一人用ソファ

こちらはソファタイプのアームレストがない版です。

アームレストが無いことのメリットとしては、横幅を制限されないので、ソファの上であぐらなどを組むことができます。

2:素材を選ぶ

次にソファの素材を選びましょう。

代表的な素材としては以下のものが挙げられます。

一人用ソファこだわりの布

メリット

  • カラーバリエーションが豊富
  • 通気性がいい
  • 価格が安い
  • 質感など、選択肢が多い

デメリット

  • 汚れやすい(ダニなど)
  • 水に弱い(シミになりやすい)
  • 耐久性が弱い

本革

一人用ソファこだわりの本革

メリット

  • 高級感がある
  • 手触りがいい
  • 汚れや水に強い
  • 耐久性がいい

デメリット

  • 高い
  • ひび割れなどを起こす場合がある
  • カラーバリエーションが少ない

合成皮革

一人用ソファこだわりの合成皮革

メリット

  • カラーバリエーションが豊富
  • 通気性、耐水性などがまあまあいい
  • 価格がそこまで高くない(コスパがいい)

デメリット

  • 劣化しやすい
  • 肌触りがこの中だと一番悪い
  • 高級感に欠ける場合も

ソファの素材は座り心地とダイレクトに関係してきますので、ぜひ実際に触って選ぶようにしましょう。

3:背もたれを選ぶ

次に背もたれを選びましょう。

背もたれに関しては以下の3種類を挙げられます。

ハイバック

一人用ソファの魅力、ハイバック

ハイバックソファとは背もたれが高く、背中はもちろんのこと、頭まで支えることのできるソファをさします。

ハイバックソファは頭まで支えることができるということがメリットですが、デメリットもあります。

  • 背もたれが高く部屋に圧迫感を与える
  • 体制が固定され、逆にくつろぎにくい

などが挙げられます。

一人用ソファの魅力、ローバック

ローバック

ローバックはハイバックとは対称的なソファで、背もたれの低いソファになります。

メリット・デメリットもハイバックの反対で、頭までは支えていない分、圧迫感が少なく様々な体制で座ることができます。

リクライニング

一人用ソファの魅力、リクライニング

一人がけソファだとリクライニングソファを選ぶ敷居がぐっと低くなります。

一人用ソファはあくまで一つのイスですので、リクライニングのものを買うのは、普通のソファをリクライニングにするよりもハードルが低いです。

そして、リクライニングソファにすることのメリットとしては、何と言っても簡単にくつろぐことが出来ることです。

一方で、リクライニングのためのスペースを、ソファ後方に確保しないといけないため、設置の自由度が低く、場所も大きく取ってしまいます。

以上のようなことを選び終えたら、あとは自分の部屋のスタイルに合わせてデザインや色を選びましょう。

またソファは奥行きもその座り心地・使い心地に大きく関係してきますので、意識するようにしたいです。

おわりに

一人暮らし必見の一人用ソファの魅力

ここまで一人用ソファの魅力とその選び方についてご紹介してきました。

一人用ソファが家にあれば、ゆったりと休日にくつろぐことができ、QOLがグッと上がること間違いなしです。

自宅でゆっくりと時間を使いたいと考えている方には、ぜひ”一人用ソファ”という選択肢を持っていただけたらなと思います

おすすめの記事