一人暮らしだと、ものを散らかしっぱなしにしたり、掃除もマチマチだったりと、ついつい部屋に気を使わなくなってしがちです。

確かに、部屋は基本的には自分しか使いませんし、少し散らかっていたからといって誰にも迷惑はかかりません。

しかし、職場以外で時間の大部分を過ごすのも、部屋であることは間違いありません。

なので今回は、部屋をオシャレにして、居心地の良い空間を作ることのメリットと、実際にオシャレな部屋にする方法について書いていきたいと思います。

部屋をオシャレにするメリット

部屋をキレイで、オシャレにすることにするメリットは山ほどあります。

パッと思いつくところでは、

  • 清潔な環境で暮らすことができる
  • 友人や恋人を呼びやすい
  • 仕事から帰ってきたときに気持ちがいい!
  • 急に人が来ることになっても困らない

といったところでしょうか?

これ以外にも、気が散漫になることがないので、趣味に没頭することができたり、空いているスペースを筋トレに使うことができたりといった実用的な面や、オシャレな空間で生活することによる自己肯定感の向上など、主観的な面からのメリットも盛りだくさんです。

オシャレな部屋とは

では具体的にオシャレな部屋とはなんなのか?

洋服を選ぶ際にもオシャレというものの定義に悩まされることがありますが、独身男性が暮らす部屋の”オシャレ”は比較的イメージしやすいです。

モノが散らかっていない

大前提として、モノが散らかっていないことが重要になります。

いくらインテリアにこだわったからといって、モノが散乱している部屋ではオシャレな部屋とは言えません。

自分でモノの”おくべき所”をしっかりと決めて、目に入るところには最小限のモノしか置かないように気をつけるとGOODです!

統一感がある

部屋の色味に統一感があると一気にそれっぽい雰囲気が出ます

逆に、色がバラバラだととっ散らかった印象を受けますし、生活していて落ち着きません。

柄物や派手な色もいいですが、コンセプトを決めて、あくまでも差し色感覚で使うようにしましょう。

シンプルである

モノや家具もなるべくシンプルなものをチョイスしましょう

やはり独身男性の部屋なので、こだわるのもいいですが、ごちゃごちゃしてしまうのはあまりスタイリッシュとは言えないですよね。

色味もベースカラーをモノトーンや、アースカラーのものをつかうことで落ち着いた雰囲気を演出できます。

ちょっとしたテクニックが伺える

今まで書いてきたことを実践するだけでオシャレとは言えません。

あくまで”自分の部屋”として確立させる必要があります!

なので、少しテクニックを加えることで、オリジナリティのある部屋を目指しましょう。

ちょっとしたテクニックとは、モノトーンの部屋の中にアクセントカラーを入れるとか、観葉植物や、自分の好きなポスターやウォールアートなどを、雰囲気を壊さない程度に飾ってみたりしてください。

ラグやカーテンの柄や色に凝ってみても面白いですよ。

お洒落な部屋にマストなインテリア

ではいざオシャレな部屋を作る上で必要なインテリアをまとめていきます。

これを置くだけで、部屋が劇的にオシャレに見えます!

ガラステーブル

テレビドラマに登場するオシャレな独身男性の部屋の多くはガラステーブルを使っていますよね。

ガラステーブルは透明なので、圧迫感がありませんし、清潔感があります

さらに、様々な雰囲気の部屋に馴染みやすいのも魅力です。

テレビラック

大体の家にはテレビがあるもので、テレビラックは占有面積が大きいため、部屋の印象を大きく左右します。

テレビラックは安っぽいものを選ばず、ちゃんとしたものを選びましょう。

また、部屋の印象を大きく左右するがゆえ、部屋のベースカラーとなるものを選びましょう

ソファ

ソファもテレビラックと同様に、占有面積が大きいので部屋の雰囲気を大きく左右します。

しかし、ソファは部屋の中央部分に配置されることが多いため、ソファ自体はもちろん、ソファの上のクッションで差し色をしても面白いです

ソファの上で食べたり飲んだりすることもありますので、汚れが気になりにくいい色か、手入れのしやすいものを選ぶのもポイントです。

本棚

本棚は個性を出すことができるという点からもオシャレの部屋にはマストと言えるでしょう。

本棚なので、中に本を入れることが基本的な使用方法になりますが、入れる本にあなたの色が出ますので、部屋をオリジナリティのあるものにしてくれます。

また、本以外にもDVDや置物、小さめの観葉植物などを入れることで個性を出すのもオススメです。

ラグ

ラグは色はもちろん、部屋に”柄”の要素を加えることができます

単調な部屋になるのを防いでくれるのはもちろん、コンセプトがよりクリアになるのでオススメです。

さらに、実用面でも床との間に布を挟むことになりますので、座り心地や、歩き心地がよくなるので過ごしやすさもアップしてくれます。

おわりに

今回は部屋をオシャレにすることのメリットと、実際にオシャレにする方法を紹介しました。

部屋がオシャレであることのメリットは書いてきた通りですが、部屋をオシャレにすることによって、日常の様々な場面で変化をもたらしてくれるのも事実です。

時間のある休日に、部屋改革をして、いいライフサイクルの出発点にしてみてはいかがですか?

おすすめの記事