UberEATSとは

uberEATSの使い方

UberEATSは簡単にいうと、地元のレストランに出前を取ることができるサービスです。

地元にあるレストランや食事処のメニューを注文し料金を払うと、自分の家まで持ってきてくれます

既存サービスでいう、出前館やファインダインなどと同じようなサービスです。

UberEATSは、海外では成熟したサービスですが、日本に上陸したのは2016年9月29日と期間としてはまだまだ浅いです。

サービスの開始当初は、渋谷、恵比寿、青山、赤坂、六本木、麻布、と限られた地域でしか利用できませんでした。

しかし、2019年1月現在では、23区ほぼ全域・横浜・川崎・大阪・神戸・京都・名古屋・福岡と利用可能エリアが拡大しています。

これからのさらなるエリア拡大にも期待できます。

仕組みについて

仕組み

1、UberEATSのアプリに客が料理の注文をする。

2、UberEATSが注文を受け取り、店に注文内容を伝達する。

3、店が料理を作っている間に、デリバリーが可能なスタッフを探す。

4、スタッフが店に直接向かい出来上がった料理を受け取る。

5、客の元へ届ける。

これが、UberEATSの仕組みです。

デリバリーに向かうスタッフは、UberEATSに登録している一般人。

つまり、UberEATSは手配の仲介をするだけで、料理や配送に使っているスタッフは一人もいません。

ここで、店側が直接配送させれば良いのではないかと思う人がいるかもしれません。

しかし、人手不足が嘆かれている飲食業界で、配送に人員をさく余裕はないのです。

店と一般人の仲介をして客に届ける、これがUberEATSの仕組みです。

画期的ですね。

利用方法について

uber eats

利用方法も簡単ではありますが、少しだけ留意しておくことがあります。

そのような細々とした注意点を私なりにまとめました。

1、アプリをダウンロードし注文内容を決める

UberEATSの公式アプリをスマートフォンで登録し、注文を決めます。

この際、届け先の住所の確認が必要になります。

2、注文する

注文の際、注意して欲しいのが「配達手数料」です。

店によって、または場所によって手数料が大きく異なります。

また、時間帯によっては配達スタッフの人員不足で配達手数料が上乗せされるケースもあります。

支払い金額は、「配達手数料+料理の金額」となりますので、気をつけましょう。

また、料金の支払いはクレジットカードのみとなっています。

3、受け取る

受け取る際は、印鑑やサインなどは不要で、そのまま受け取って終わりになります。

4、評価する

注文受け取り後、しばらくするとUberEATSのアプリから「評価」を求められます。

評価することは以下の3つ。

・配達者の評価(態度や配達時の不備がないか)

・店の評価

・料理の評価

3秒で終わる内容ですので、これらは必ず登録しましょう。

UberEATSの魅力

ウーバーイーツ

魅力までの基本的な説明が長くなってしまいました。

さて、ここからはUberEATSの魅力について紹介していきたいと思います。

新宿区に住んでいる私は、過去何十回もUberEATSにお世話になっています。

過去の経験を踏まえて書いていきます。

1、デリバリー機能のない店からも出前を取ることができる

今までデリバリー機能は、人員的にも予算的にも余裕のあるお店にしか備えることができなかったサービスです。

しかし、UberEATSではお店自体にもデリバリー機能がなくても注文できるのです。

これは、

・たくさんの料理から選ぶことができる。

・地元のお店の多さを知ることができる。

・お気に入りのお店を見つけられる。

ということを意味します。

2年前私は、駅と家の間を行き来する毎日を送っていました。

近所のまいばすけっとで出来上がりのものを買って食べる生活。

それが、UberEATSを利用し始めて、近くのお店に寄ることが増えたのです。

デリバリー機能のない店、マイナーな店を知ることでお気に入りの店を見つけることができました。

2、配達時間が正確にわかる

注文した商品が温かいまま届けられることはもちろん、その配達時間まで簡単にわかるのです。

アプリで注文完了すると、配達予定時刻が表示されます。

そして、その時刻ほぼぴったりに届くのです。

それも平均25分前後なのでとにかく早いです。

お店とは違って、注文してから料理が出てくるまでの時間、自宅での自由時間です。

私はその間にお風呂を済ませてしまいます。

効率のいい生活を送れるのも魅力の一つです。

3、配達の人のクオリティが高い

UberEATSと契約している配達員は、客側からと店側から評価をうけます。

そして、この評価がよくない人は警告がつきます。

つまり、配達員は評価をマイナスにしたくないため、配達業務をおろそかにすることはありません。

また、玄関口での対応もしっかりしています。

私は今までの利用で低評価をつけようと思ったことは一度もありません。

また、UberEATSの話題性もあってか配達登録者が急増しているようです。

これからはよりクオリティの高い配達が期待できそうですね。

4、アプリが使いやすい

UberEATSのアプリでは、過去注文した料理を元に「お勧めの料理」を提示してくれます。

また、色々と見ていく中で「これキープしたいな」と思う時、「お気に入り」という機能が使えます。

その他、「110円で配達」や「レストランをもっとみる」などの機能があり、非常に使いやすいです。

5、実際に店にいきたくなる

リピートを続けていると、実際にお店を見てみたくなったのが事がきっかけです。

先ほども書いた通り私は新宿区に住んでいながら、地元のお店にいくことが全くありませんでした。

基本的に独り身なので興味がなかったんですね。

UberEATSを利用してからは、そこで知ったお店をのぞいてみたり、友達に紹介してみたりしています。

意外と一人でも入りやすいお店があったり、路地裏の方にありゴールデンタイムでも空いている隠れ家的なお店を見つけることができます。

6、お気に入りの店が満席でも家で食べれる

仕事帰り、お気に入りの店を見てみると、満席でどのくらい待つのかわからない。

そんな時、UberEATSを利用して、そのお店の料理を注文することがあります。

「今日はどうしても〇〇の〜〜が食べたい」

という心情になりやすい私にとっては非常に便利です。

まとめ

ubereats

ここ最近で一気に流行り始めたUberEATS。

流行り始めた理由は様々な魅力があるからです。

今回はUberEATSリピーターの私がその魅力についてご紹介させていただきました。

皆さんも是非一度利用してみてください。


おすすめの記事