今回、第73回毎日映画コンクールで「TSUTAYAプレミアム映画ファン賞2018」が決定しました!

この「TSUTAYAプレミアム映画ファン賞2018」というのは2018年に日本国内で公開された映画の中から映画ファンが最も「感動した」「面白かった」作品を選びNo.1を決めるものです。

さらに、決めるのは一般の方々なので、より身近な視点で選ばれています。

では早速2018年の映画ランキングを見ていきましょう!

(詳しくはこちらのプレスリリースへ)

日本映画ランキング

日本映画部門ランキング

『劇場版 コード・ブルー - ドクターヘリ緊急救命-』

日本映画ランキングの第1位は『劇場版 コード・ブルー - ドクターヘリ緊急救命-』でした。

「コード・ブルー」はもともと大人気のドラマで、2008年7月から月9で始まりその後season2、3を経て、今回の映画化に至りました。

どの作品も視聴率がとても高く、人気のシリーズです。

キャストも主演の山下智久さんをはじめ、新垣結衣さん、戸田恵梨香さんととっても豪華。

緊急救命という現場を取り巻く緊迫感や、涙無しには見られない病院内でのヒューマンストーリーが視聴者の心を鷲掴みにします!

邦画第一位も納得の日本ドラマ界が生んだ傑作「コード・ブルー」、見たことがないという人はぜひ見てみてください!

『ニート・ニート・ニート』

日本映画ランキング第2位は『ニート・ニート・ニート』でした。

3人のニートと家出少女が繰り広げる青春ロードストーリー。

北海道各所を車で行ったり来たりしながら、それぞれが抱える過去が明らかになっていき、ある牧場に身を寄せて「働く」中で心を溶かしていく彼らが、ある日・・・!?

という笑いありしんみりありのドタバタ青春コメディです。

主演はジャニーズJrの安井謙太郎さん。

あまり有名ではないのですが、彼の演技にはかなりの定評があるようです。

原作は第8回小説新潮長編新人賞を受賞した三羽省吾によって描かれています。

ハプニング満載の4人旅。4人の成長ぶりに注目です!

外国映画ランキング

『ボヘミアン・ラプソディ』

外国映画ランキングの第1位は『ボヘミアン・ラプソディ』でした。

この映画は有名バンド「Queen」のボーカルであるフレディ・マーキュリーの物語です。

夢を追いかける4人の出会いから、常識を打ち破る名曲の誕生、成功と解散の危機、人生を懸けた史上最大のステージとQueenの全てを盛り込んでいます。

映画の中ではQueenの名曲が28曲流れてきます。

この映画の見所は何と言っても圧巻のラスト21分!

ライブシーンで有名な曲が何曲も流れてきて、あなたも鳥肌が立つことまちがいなしです。

Queenを知らない人は尻込みしてしまうかもしれませんが、曲は誰もが聞いたことのあるような有名な曲ばかり!

また、フレディ・マーキュリーの生き様は彼を知っていても知らなくても人の心を動かします。

なのでQueenを知っている人はもちろん、知らない人も見てみてください!

『グレイテスト・ショーマン』

外国映画ランキングの第2位は『グレイテスト・ショーマン』でした。

公式ホームページよりh

こちらも大変話題になりましたね。

主人公のバーナムは幼馴染であり、妻でもあるチャリティを幸せにするために挑戦を繰り返し、やっと成功を手にしたものの、現状には満足がいかない、、、

本当に大切なものはなにかを考えさせられる、そんな映画です。

本年度のアカデミー賞にノミネートされ、ゴールデングローブ賞で主題歌賞を受賞しました!

さらに映画内で流れる音楽がまた人気を呼び、サウンドトラックは全世界で約600万枚も売れたそうです。

映画のストーリーもミュージカルとしてのパフォーマンスも文句なし!

まだ見ていない人はぜひ見てください。

おわりに

以上、2018年の映画ランキングでした!

今回は1,2位だけ紹介しましたが、

ここにランクインしている映画はどれも名作ばかりです。

映画を見たいけれど何を見ればいいかわからない人はぜひ参考にしてください!

おすすめの記事