福袋で入手したタグ付きのままで着ない服。

サイズや時代的にもう着なくなった服。

不要な洋服を持て余している人は多いのではないでしょうか。

最近ではストリートファッションの影響もあり、古着の需要が増えています。

それに伴い、不要になった洋服を古着屋に持って行って見ようかなと考えている人も多いかと思います。

そこで今回は、古着屋の簡単な説明と、少しでも高く売るコツをお伝えします。

こんな人にオススメ

「古着屋のシステムがわからない。」

「どんな服が高く売れるの?」

「一回売りに行ったことあるけど全然値段つかなかった。」

古着屋について

仕入れ→商品化→販売。

これが古着屋の基本モデルです。

簡単に言えば転売みたいなものです。

そして、仕入れは大きく2種類に分けることができます。

”買い付け”と”買い取り”です。

個人経営のような知名度の少ない古着屋は基本的に買い付けの商品が多いです。

一方、大手の古着屋になると買い取りが一般的。

今回は大手の古着屋の買い取りについて説明していきます。

ちなみに私が働いていた会社も大手の古着屋でした。

少しでも高く売るコツ

今回ご紹介するポイントは3つあります。

このポイントを参考に古着屋を利用するだけでも査定金額が大きく変わります。

ぜひ参考にしてみてください。

ポイント1:売るお店と担当者に注意

最初にお伝えしておきたいのが、「査定価格は査定者によって変わる」ということです。

ブックオフのように金額が定まっており交渉の余地がない業界とは違って、古着屋の場合は交渉ができるのです。

では何に注意して交渉するのか。

それは、売るお店担当者です。

まずお店ですが、値段交渉をしてくれないお店があります。

それは、在庫状況や別にお店としていらないアイテムを持っていった場合です。

つまり、店側として買ったところで売れないアイテムです。

わかりやすく説明すると以下のような場合です。

店側の都合で値段交渉ができない例

・田舎の古着屋にCOMME des GARÇONSの変形のパンツを持っていった場合

・東京のど真ん中にある古着屋にTAKEO KIKUCHIのパンツを持っていった場合

少しでも高く売るために、お店によって持っていくアイテムを選びましょう。

次に担当者ですが、値段を上げてくれる担当者と頑なにあげてくれない担当者がいます。

わかりやすく極論でいうと、

ベテランのスタッフは値段をあげられますが、新人スタッフには不可能です。

古着査定は経験と知識がないとできないので、

新人は失敗を恐れて最低価格で提示してくることが多いです。

もし納得のいかない金額だった場合は少しゴネてみましょう。

それでも金額が上がらない場合は持ち帰って他の場所に持っていくようにしましょう。

ポイント2:アイテムの状態をできるだけ綺麗に

査定の計算式

(中古相場-瑕疵)×50%以上の利益=査定金額。

古着の査定の計算は基本的に上に挙げた計算式で算出されます。

ここで瑕疵の減点は非常に大きいです。

例えば、「ボタン1つ欠品」「ほつれ有り」「汚れあり」「毛玉あり」といったアイテムになると

2ランクほど値段が下がることがあります。

個人でリペアが可能な場合は簡単な裁縫でごまかす、

洗濯やクリーニングで落とせる汚れは綺麗にしてから持っていく、ということを心がけましょう。

また、シャツ系などのシワになりやすいものは綺麗に畳んでから持っていきましょう。

シワがあるから、という理由で値段が叩かれることもあります。

手間でなければなるべくアイロンをかけてから持っていきましょう。

ポイント3:大量持ち込みはNG

私が古着屋で働いていた時、1人のお客様で最大900着以上持って来られた方がいました。

査定完了するまでに4時間かかりました。

4時間も休憩なしに査定していると流石に集中力が切れて、

適正な価格をつけている感覚がなくなってきます。

お客様としても、何が何円になったのか把握しづらい明細になってしまいます。

店によっては大量持ち込みで明細がわかりにくくなることを逆手にとって、安買いするところもあります。

持ち込みの適切量は、紙袋2つ(20〜30着)ぐらいだと思っておいてください。

自分でも把握できてかつ、スタッフに騙されないくらいの量を持っていきましょう。

まとめ

古着の高い売り方のコツ

最近ではヤフオクやメルカリなど、中古品を簡単に個人で売買できる時代になりました。

そんな中、古着屋には「即現金が手に入る」「手間がかからない」というメリットがあります。

まだまだ古着屋の需要がなくなることはありません。

古着屋を利用する際には、今回紹介したコツを用いて少しでも高く売りましょう。

おすすめの記事